夢が広がる注文住宅

増え続ける永代供養の需要

少子化の影響で従来のお墓の維持が困難になり、また都会ではそもそも墓地が不足しています。そんな中で、従来のお墓ではなく、永代供養の需要が増え続けています。
永代供養の種類も、室内にお墓のスタイルやロッカースタイルで多くの納骨スペースを設置したものや、戸外に小さな石に名を刻み樹木を植えて、その下に埋葬される樹木葬と言うスタイルや、納骨堂に遺骨を納めるものや、供養塔の下に納骨されるスタイルなど多様化しています。
それぞれのスタイルで費用は異なりますが、一度お金を納めれば、普通のお墓の様にお参りする人が無くなっても無縁仏となる事もなく、管理費なども不要で、永久に僧侶によって丁重に弔ってもらう事が出来るのです。
また、こうした永代供養の多くは、生前にお金を納めて予約する事も可能で、子供や孫に経済的負担を掛けたくないと考える方が、今流行の終活の一環として生前に予約されるケースも増えています。
少子化の中で、高齢の方はこうした永代供養に関して学び、準備する事も必要な時代と言えるのかも知れませんネ。"
もしわからないことがありましたら名古屋 永代供養でお探しください。