FXの興味深いところは単独の投資の商品であるのですが、資金投下の期間を短い・普通・長いの3種類の期間からいずれを選択するかということにより、資金を費やす方法が全然異なるという点にあるのです。

まず外国の貨幣へ投資の「長い期間の投資」について詳しく見てみましょう。

長期投資というものは、一年以上の出資が原則とされています。

普通は為替相場においては、一年以上先の相場は円高と予測するか、ないし円安かどうかを推測するのは、多くは難問でしょう。

ほとんどのケースでは、「それほど先の未来のことは予想できない」となるのが当然です。

わからないことを頭を使って予測しようと思ったところで、そんなことは意味のないことです。

そういう訳で、外国の貨幣を買ったとして、価格よりも円高傾向になったとしても、それは近いうちに返ってくるはずだという程度のイメージで臨む必要があります。

為替差益を熱心に大きくするだけでなく別の儲け、要はスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で収益を上げることを、最初の望みとして始めてみましょう。

当然のことながらちょっとの間で為替変動の為の損失が非常に大きく膨らんでしまうこともあります。

そのためそういった差損が大きくてもさほど影響を受けないようレバレッジをできるだけ少なめに取引することがポイントです。

外国為替証拠金取引(FX)は損がある範囲よりも大きく大きくなると、追い証が必要になったり、またはストップロスになったりします。

損切りをすることになったら、すぐトレードをフィニッシュすることになり長期投資ができなくなります。

例のような危険を避けるにはレバレッジ2?3倍あたりで売り買いするのが良いと思います。

次は中期のケースの取引についてです。

中期の投資のケースでは、最大で2ヶ月ほど後々を推測してのやり取りをします。

為替取引の際は、約1ヶ月先のことはおおよそ予想可能なケースが多いでしょう。

G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)などの論議とか為替市場で売買している人たちがいかなる問題に注視しているかを見れば、おおよそ、先読みできるでしょう。

こういった経済の状態をチェックしながら、グラフを確認することで為替相場の動きを理解できるようになり取引をジャッジするのがベストです。

基本的に経済情勢とテクニカルの両方とも良い方向でありまたは買い傾向が一致している時は、だいだいそのまま動くと思って大丈夫です。

そのような時は保有高を増やすことでもっと多い利益を狙っていけるはずです。

第三に短期のトレードのコツ。

この短期スタンスというのは言うなればデイトレのことを言っています。

為替市場でデイトレーディングをする場合は、経済の基礎的条件は少しも絡んでいないと思います。

なぜならば翌日の為替の相場の動きに、経済情勢は影響しないからです。

この時の、ポイントは大規模な出来事がありそれに影響して為替のレートが大きく変動する時を見過ごさないよう行動しましょう。

例として、アメリカで雇用統計が公表される、それとも金融政策決定会合などで制作金利が変わるというような出来事。

このような絶好の機会に動きを見過ごさないとの意味合いで、短期のトレードでは多様なものが欲しいところである。