クレジットカードをショップにおいて使用する際に誰しも感じたことがおありかと思うのですが店頭の人が理解していないためにどのレシートを利用者のもとへ渡して良いのか迷うことがあるはずです。

といいますのも、クレジットカードを使うと、専用端末からは3枚の利用レシートが印刷されるためこのレシートの中のどれを利用者のもとへ渡したら良いか迷うという話です。

複数枚のレシートの解説)複数の利用明細の解説とは何なのかを要約すると下記の通り。

1利用者に渡すレシート。

2店舗で保管する利用レシート。

3クレジットカード会社保管用紙(記名を行う紙)。

本来は必ず利用者に対して渡すべき利用レシートをもらうのですが、時には、店舗控え明細レシートの方をお客さんの方に渡すというというパターンや、サインした側のレシートを渡してしまったというような重大なミスさえも見受けられる。

特にパートの従業員や通常クレカが利用されるケースの少ない店の会計にてカードを使用すると、担当者の心の乱れが拝見することが出来るようです(笑)。

万が一従業員が間違った明細レシートというものを渡そうとしてきた際は、怒らずに「こちらは違いますよ」と教育してみてはいかがでしょうか。