夢が広がる注文住宅

実際の太陽光発電のコスト感

私の親族の一人が数年前に一戸建てを新築する際に太陽光発電を設備しました。
いわゆる、東日本大震災の前でしたので、国や自治体から大きな補助金はでませんでしたし、太陽光発電ブームの前でもありましたので、太陽光パネルがあまり安くなかったので、今現在に設備するよりも大きなコストがかかったようです。
そして肝心の太陽光発電のお得感ですが、親族の家ではオール電化にしておりガスは引いていません。太陽光発電があるということで電気をかなり使うような設計になっているようですが、年間に光熱費はほぼなしで済むようです。まだ新しいせいもあり、太陽光パネルのメーカーとの契約などのよりメンテナンスも10年間くらい無料となっているようでランニングコストはほぼかからないようです。
この分で行けば、太陽光発電を設備した初期投資は10年から12年程度でとりかえすことができ、それ以降の太陽光パネルがダメになるまではプラスが続くようになるようです。
不明確な点がある場合は太陽光発電をお使い下さい。