私は現在30代後半なのですが、今までの人生で1回だけひどいひざの関節痛になったことがありました。 それは3年前に主人と引っ越し業者を使わないで自力で引越しをした時の事です。 当時の我が家はアパートの2階に暮らしていました。そこに引越してきたときは、結婚のときだったので家具は購入して配送会社の人が設置してくれましたし、自分の荷物は実家から徐々に運びこんでいたので特に大変だった記憶がありませんでした。 しかし、しっかり生活してしまっていた荷物たちを運び出すのは容易ではありませんでした。 引っ越し先が近くのアパートだったので、2日かけて運んだのですが、当然のことながら階段の上り下りを繰り返さなくてはいけません。 普段は運動しない私の足は、すぐに悲鳴をあげました。私は肥満でもなんでもなく、むしろ体重が軽い方なのですが、急激にひざに負担がかかったのか、本当にひざが割れるような痛さで苦しみました。それでもとにかく引越しをしなくてはいけないので、かなりつらかったです。 その後、もう1回引越しをしたのですが、その時は引っ越し業者にお願いしました。 よくお年寄りの方で、ひざの痛みに悩んでいる方が居ますが、本当に気持ちがよく分かりました。 いくら健康でも、無理はしない方がよいと実感した出来事でした。