通常の初心者向けのFX取引の情報では「損をした時にはナンピンを入れることによってポジションの平均をコストを低くする事が出来る」などと書かれていますが現実にはそれは大きな引っ掛けが潜んでいます。まずは、ナンピンの仕組みについて易しく説明しておきます。仮定として100円で1ドルを買ったとします。$(ドル)買いのため、円安ドル高になれば黒字が出ますが思っていたのとは逆に1ドルが95円まで円高ドル安に振れてしまったとします。このままの場合持ち続けたとしたら、損がなくなるまでには、ドル安になった分円安に動く必要があります。投資家であれば、赤字は早く無くしたいと思います。このためはじめに取引したのと同じ額の$を、買い増しする。すると、ポジション全体の平均の買い付けコストは1ドル=97.50銭まで抑える事が出来ます。すなわち、半分の幅で円安ドル高が進行すれば、損失を回復する事ができます。こういったことがナンピンの理論です。ナンピンのロジックを知ると、「確かに」と思ったりするが、外国為替市場は易々と思い通りにはいきません。最初から、1ドル=95円が下限だとということなどなんびとも予想できません。もし、マーケットがドル安動向であるならば95円では止まることなくさらに一層円高ドル安が進む可能性が高いです。仮に、97円50銭でナンピンをするとしても1ドル=95円までドル安になったら、ナンピン買いを入れた分についても損が生まれることになってしまいます。この状況では、最初にエントリーしたドルと合わさって2倍の為替差損が生まれる事になります。このように、ナンピン買いは難解です。では、市場が自分自身のシナリオとは逆向きにすぐに向ってしまった場合どの術で危機をコントロールすればいいのでしょうか。ここで取るべき道は2つだけあります。ひとつは執着しないで損を確定する事です。もうひとりは、今、自分か所持しているポジションを小さくする事によってもう一回外国為替市場が戻るのを待つことだ。少し控えめな手法だと感じる人もいるでしょう。しかしながら、自分が所有している買いポジションに差損が生まれた時一番正しい術はこの他にはないです。言うまでも無く、机上ではナンピンをするという手法も効果的です。しかしながらナンピン買いは、自分か損をしているにもかかわらず買いポジションを縮小するどころか、逆に買いポジションを重ねていく対策です。それでは、危機を避けることなど無理だと思ったほうがいいです。ナンピンを続ければ最終的には損失が回復するかもしれません。けれども、その前に資金はショートしてしまうだろう。