2012年の秋(10月)に経済産業省が管轄する国家資格の情報セキュリティスペシャリスト試験に合格しました。その時の勉強方法を少し話したいと思います。 まず情報セキュリティスペシャリスト試験ですが、経済産業省が管轄する情報処理技術者試験のうちの1つで、試験のスキルレベル4に相当し、高度情報処理技術者試験という扱いになっており、合格者も毎回10%くらいです。 試験自体は4つのパートに分かれていて、午前1と午前2は選択式のマークシート方式試験で、午後1と午後2は記述式の試験になっており、午前と午後で対策がかなりことなってきます。 私の場合、試験の年明けから徐々に午前の勉強を始めました。とはいえ仕事の合間でなかなか時間がとれませんでしたが、午前は選択式ということもあり、通勤時の電車の中でとか勉強できたので、隙間時間を利用して何とかなります。 問題は午後の記述式問題です。問題分自体がかなりの長文なため最初のうちは問題を読むだけで疲れてしまうので、慣れを含めた対策が必要です。はっきり言って国語の問題かと。。午後については6月位から週4くらいは1日2時間くらいの時間をとりきちんと机に座って1日1問ずつ過去問や問題集を解きまくりました。 そうやって勉強することで、1発合格することができました。