「人にとって親しい動物は」と聞かれれば、1番に「犬」と答える人は多いでしょう。犬は、歴史を振り返っても古くから人に飼われており愛玩動物として共に進化してきています。 初めの頃、人が犬を飼うようになった目的は、住居の見張りや狩猟の手伝いだったようです。現代に至っては盲導犬や警察犬などの人の仕事の手伝いをする犬もいますが、ほとんどは愛用として飼われています。核家族化の影響もあるのでしょう。孤独な人にとっては家族同然で、かけがえのない存在といっても過言ではありません。 このように、時代と共に人にとって犬の存在価値は大きなものになりましたが、鳴き声による騒音も無視できないものになっています。飼い主にとっては気にならないことでも無関係な他人からすれば迷惑なものです。それ以外にも、道端の糞や人に危害を加える危険性など解決の難しい問題もあります。 犬に限ったことではありませんが、人と動物との共存は永遠のテーマです。すべての生物が等しく生きられるような社会になったときこそ、真の幸せが訪れるのではないでしょうか。